読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンケ

女の子しかいないマンガを紹介します.有名なものより,手に取ろうか迷いそうな物を紹介していきたいと思います.

『球詠』volume1

 

球詠 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

球詠 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

 中学時代、やる気もあったのに内申の為にやっていた他の人達が大半だったせいで、せっかくの投球能力を活かせず初戦敗退という過去を持った主人公が、高校入学を機に野球から離れようとした時、野球を心から楽しんでいた頃のキャッチボール相手と再開する。しかし入学した高校の野球部は過去の暴力沙汰により廃部寸前の危機に陥っていた。野球部をゼロから再建し、全国大会出場を目指すという話。

まずこの作者のマウンテンプクイチ氏、有名な百合漫画家であるが、野球シーンを百合同人作品にさらっとぶち込む程度の野球好きである。

余談ではあるが、私がこの作者の作品で初めて読んだ『ななゆり』内で、それまで普通の女子高生と思っていた2人の『おはよう』の次の一発目の会話で、『昨日の采配どう思う?あの継投ありえなくない?』と発言していた事はあまりにも衝撃的だった。

とにかく、今回の漫画でようやっと本気で野球漫画を描くことを許された(?)こともあってか、とにかく野球関連の描写が一々細かい

野球経験のある身から言わせて頂くと、”野球のある生活”がとてもリアルに描かれている。

手始めにカバー裏の選手名鑑でありがちな①②...表記で私の心はグッと掴まれ、基礎練習は私が野球部当時行っていた練習と遜色なく、グラウンド整備や先輩からの扱きまで私が野球をしていた当時をとんでもなく楽しい物に美化したらこうなるだろうなというそのものだった。

更に投球フォームや試合の流れなどもかなり丁寧な描写がなされている。後半ページはもはやダイヤのAを読んでいる時の感覚と同じである。

カーブの時は投球時人差し指が内側に折られ、ストレートの時は指を縫い目に走らせてたりしていたり、主人公が得意とするインハイよりも外のデッドボール寸前のコースからアウトローへ曲がるカーブの軌道(バッターにしてみたら避けたと思ったらストライクにされるなんてかなりエグい球である...)、甘めに投げてしまった時の軌道がバッターの外側に行ったりしている所も細かい。

また、カーブカーブストレートというエグい配球(わりと定石ではあるが)とバッターが何を嫌がっているのかとてもわかっている気がする。

 

話が長くなってしまったが、勿論このブログで取り上げるのでソフトな百合描写はある。作者の他の作品よりはかなりマイルドではあるが。(最初に手をもみもみしてあー凄い努力してるねーみたいなシーン等)

百合満足係数はそれほど高くは無い気がする。

 

野球好きのノンケは必見の一冊であると言えよう。

 

百合度:★★☆☆☆

脳死度:★★☆☆☆

イラスト:★★★★☆

ストーリー:★★★☆☆