ノンケ

女の子しかいないマンガを紹介します.有名なものより,手に取ろうか迷いそうな物を紹介していきたいと思います.

『ひなこのーと』(3)

 

 

1巻、2巻と続き、ついにアニメ化を果たし世間にコミックキューンの名を轟かせた本作。待望の3巻発売である。

アニメを見た読者には説明不要だが、本作はひととせ荘に住む4人の住人が劇団ひととせという劇団で活動していくというのが大まかなストーリーである。

3巻の内容は、そう…待ちに待った水着回である。

今まで、中表紙のイラストやタイトルイラストぐらいでしか見ることの出来なかった水着の話である。水着を選ぶ所から話が始まるのという王道展開であり、我々の性衝動を極限まで高まらせる。

さらにひなこの能力とも言うべき、そのへんの動物が群がってくるアレが今回海というフィールドにおいても適用されることとなる。ひなこちゃんから発せられる匂いは血肉の激しい香りがするのだろうか?

また3巻では今までフォーカスのなかったゆあの姉妹について描かれることとなる。どちらかというと妹の方が犯罪的である。

ストーリーは流石に3巻ともなるとありきたりになってしまうかといった所。肥えた豚にはもうひとひねり欲しいかなと感じる。

また3巻には巻末にひみつ氏によるTVアニメの収録レポートが掲載されている。この手のレポマンによくあるタイプの感じ。というか何の前置きも無しにこういったマンガがスタートするのはなかなか編集が雑というかなんというか…。

 

脳死度:★★★☆☆

百合度:★★☆☆☆

ストーリー:★★☆☆☆

イラスト:★★★★☆